FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日比谷公園でスタバ

2020.07.27 19:09|散歩・東京
「日比谷公園にて」 2017.10  arches 345x260
200710_1858_001 (4)newBlog

日比谷公会堂前の公園広場です。スケッチは少し時期が前ですが、塗り直しました。普段は入れないこの大きな広場を使って、スターバックスの試飲会があり、真新しい木を使ったテーブルを芝生広場に並べていました。カップは試飲用の小さなカップです。

コロナなどまったく想定外の時期ですが、マスク着用がないだけで”蜜”はそれなりにクリアーされるかと。こののんびりした風情が早く戻ればと願ってブログに載せました。長く文化の歴史を刻む日比谷公会堂はどう眺めているでしょうか。



テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

雨の庭園美術館日本庭園

2020.07.20 21:15|散歩・東京
「庭園美術館の日本庭園」
Blog2019庭園美術館茶室

目黒駅近くの東京都庭園美術館は旧朝香宮邸が都立美術館となっている。白いアールデコ調の洋館など見どころいっぱいなのですが、このスケッチはこの邸宅の庭の一画を占める日本庭園を茶室から眺めた景色です。

9月半ば頃でまだ緑も濃く、雨に濡れた庭の趣きは洋風の本館とは異なる世界に浸れます。このスケッチは茶室の入口に建っている門の庇の下で雨を凌いで描きました。

上野動物園にて

2020.05.26 19:30|散歩・東京
「上野動物園の象」 2019.7 arches26x35
BlogIMG_20200501_0019_stitch (3)上野動物園象

昨年7月に上野動物園で象をスケッチしました。象舎の中をゆっくりっと右へ左へ往復歩行を繰り返します。いばらく待っていると同じポーズをとってくれます。

動物園は現在休園中ですが、緊急事態宣言も解除され象さんに再会する日も近いかなと期待しています。前回のこのブログでフランスの牛をアップしましたが、こういうの時期動物鑑賞は何より。

秋の新宿御苑

2020.01.09 13:13|散歩・東京

「秋の新宿御苑」 2019.11 アルシュ 全紙
191223_1214_002_stitch (5)

おなじみの新宿御苑の秋です。四阿(あずまや)のあるやや高めのところからスケッチしました。奥の広場は春には園遊会の場となるのでしょうか。ピンク色の樹々は桜の葉の紅葉です。

三本(二本に見える)の、ゆりの木、は御苑のシンボルツリー。笹の茂みの緑と桜の古木の枝がこの場所のフレームのように見えました。桜が満開の時、この場所がどうなっているか、この春の楽しみが出来ました。

今年も永沢先生のご指導を頂き、精進です。



愛宕神社にて

2020.01.07 16:27|散歩・東京
「愛宕神社」 2019.12 アルシュ26x36
BL2020愛宕神社

新年あけましておめでとうございます。
今年もペンスケッチを続けます。どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の暮れ、港区芝の愛宕山に登りました。この神社前の急な石段は徳川家光公の前で馬で昇り降りした間垣平九郎の故事で有名ですが、今は出世の石段とも呼ばれています。私は、この絵の左奥に見えるNHKの放送博物館に近いところにあるエレベーターで上がりましたが。高いところにあるので近くの東京タワーも上の部分が目の前になります。

このお社のご利益は家康公が防火の神様として祀ったことから防火、防災ですが、縁結びもあり、若い人特に女性の参拝が目立ちました。
この朱色の門の前に神社経営の茶店があり、温かいうどんは絶妙でした。23区で一番高いところにある、都心のオアシスです。