FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブーローニュの森の中の小島にて~パリの想い出8

2020.07.14 20:55|散歩パリ
「ブーローニュの森の湖に浮かぶ小島にて」 2019.7 スケッチブック 145x415
Blog200616_1627_001 - コピー (3)ブーローニュ島

森の中のアンフェリウール湖の中にある島からの眺めです。南北に細長い島で、そこへは渡し船で行きます。下の絵は2016年にこのブログでアップしたものですが、向こう側が島で、今回彫像のあるところは右手の方、北端になります。
ブログ作品ブーローニュの森①

この森は松林が多く、湖岸はジョキングに最適です。彫像の作者はサインがありましたが読めません。場所ピッタリの名作です。
今年のパリでも、ここではきっと誰かが走っていると思います。


モンソー公園にて~パリの想い出7

2020.07.06 16:15|散歩パリ
「モンソー公園」 2019.7 アルシュ260x360
291907パリモンソー公園blog
                                                                                                                                                                      パリ8区の北側にあるモンソー公園は18世紀後半に造園され、8.2ヘクタールある。独特なコンセプトで造られていて、園内には小さなピラミッド等々異国情緒たっぷり。この楕円形のノーマシー池のまわりのコリント式列柱もローマの海戦場を模しているとか。上野寛永寺の石燈篭が1982年パリ・東京友好記念として移設されている。駐仏日本大使館はこの公園から100mのところにある。

公園の周辺は高級マンションや大邸宅。午前中、ベビーシッターさんが沢山カートを押してきて集まり。昼休みは南側のオフィス街からジョッギングの人やベンチでのランチの人が来て賑やかになります。



テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

モンマルトルにて~パリの想い出6

2020.07.03 20:25|散歩パリ
「ムーラン・ド・ラ・ギャレット辺りの坂道」 2019.7 スケッチブック 420x145
ムーラン・ド・ラ・ギャレット

セーヌ右岸18区のモンマルトルはパリで一番高い丘(標高160m)、頂上のサクレ・クール寺院に上ってから、坂道をムーラン・ルージュのあるクリシー通りに降りると、途中でお目にかかるのがこの風車のある建物で、今はフレンチレストラン。

ここにあったダンスホールでの舞踏会を題材にしたルノアールの絵(オルセー美術館で鑑賞可)の現場は今はなく、白い入口部分だけだそうですが、ルノアールがここでスケッチするために通ったと思うと坂道の石畳も趣きを感じます。このレストランの青い窓枠に彼の作品の一部が写真ディスプレイされています。



テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

ルーブル美術館中庭にて~パリの想い出5

2020.06.26 19:30|散歩パリ
「ルーブル美術館中庭の賑わい」 2019.7 スケッチブック145x250
ルーブル美術館中庭

セーヌを渡って、右岸ルーブル美術館に来ました。変わらぬ人気です。河に沿ったドノン翼から、リシュリュー翼を見たところでスケッチしました。右手にガラスのピラミッドがあります。銅像は馬上のナポレオン像だと思うのですが、ピラミッドの出来たこの広場はナポレオン広場、地下のチケット売り場はナポレオンホールです。若い人が左の四角い台に上がり、カメラで撮ったり、撮られたり。美術館の外も魅力的です。

この夏、ルーブル美術館入場が予約制になっているのにびっくり、慌ててチケット売り場でスマホで予約したのですが大変でした。今年はコロナで長い間クローズでしたが、7月6日に開館とか。日時指定予約制でマスク着用義務が。今年の訪問はゆっくり鑑賞出来るかな。




テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

クルニューのスターバックスにて~パリの想い出4

2020.06.22 15:36|散歩パリ
 「クルニューのスターバックス店内」 2019.7 スケッチブック145x415
2006スタバクリュニー店Blog2

メトロのCLUNY LA SORBONNE駅に近く、サンミッシェル大通りに面したところにこのスターバックス コーヒーがあります。大通りを挟んでクリュニー美術館の向い側です。

パリにもスタバのコーヒー店が増えています。学生の街、カルチエ・ラタンですが観光客も多く、この店の2階も満席。右側の窓から美術館の独特な外壁が見えます。街路樹マロニエの緑に囲まれてのドリップコーヒーはまた格別です。テラス席はありませんでした。料金体系は日本とほとんど変わりません。

日本と同じように今頃は再開したのでしょうか。

テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術