FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

今年も描いてます

2018.01.15 23:27|折々の作品

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

キムタク、キムタク

2017.02.17 18:44|折々の作品
「木村拓哉」(maruman スケッチブック33x24)
bキムタク152430 (3)
週刊朝日1・20号写真模写

スポーツマンあるいは芸能人の動きのある全身人物画が正月の宿題でした。
選んだのはキムタク。写真の模写ですがうまくいきません。似てないなあ。                                                                                                                    昨年はSMAP解散で話題になりましたが、週刊朝日は彼を表紙の人にして「挑み続ける。いくらケガを負おうと」と副題を付けています。本文のインタビューで「求められることがうれしい」と過去に発言したことを聞かれて、改めて、それがすべてと返事しています。

かっこいいですね。それにしても似顔絵の難しいこと。これからも彼を追いかけたいです。






永沢まこと賞をいただきました。ありがとうございます。

2016.01.27 19:29|折々の作品
(2015年度)第12回永沢まこと賞を授賞することになりました。この価値ある”賞”は毎年、永沢先生ご自身で”線描による現物写生”という視点から目に触れられた作品、作家から選んで決めておられるそうです。これまで、教室の現役、OB、その門下生、同好の方々と幅広く授賞された方々がおられます。私も授賞された作家の方々作品を拝見する度にあんなふうに描けたらなあと憧れていました。今回は私を含めて6名の方が授賞となりました。

永沢先生、最初に手ほどきを受けた佐藤麻衣子先生、のご指導に感謝するとともに、教室内外の方々に何かと御厚意を頂き改めて御礼申し上げます。そして、皆様から厳しいコメントを頂いたことが描き続けることの力になっていることを改めて感謝致します。

以下の三作品を、永沢先生が今回紹介していただきました。制作時の私の印象を付記します。ブログ銀座二丁目NEW②
「銀座二丁目」
風月堂の二階レストランからスケッチしました。芸術的なルイビュトンの建物の描写に苦労しました。道路は最初ピンク色だったのですが青くして車や車線をクローズアップ、夏むきの感じにして、銀座を歩く人の雰囲気を伝えるつもりだったのですが。どうでしょう。
ブログ パリ サンミシェル
「パリ、サンミシェル」
都市画としてパリをどう描くか、仕上げるにふた夏かかりました。有名なサンミシェルの噴水を背にして黄色いテントの本屋さんが目につきました。昨年、現地へ行ったらカフェーのテントが白く変わっていました。赤の方がいいのになー。
ブログ作品小石川植物園
「小石川植物園」
夏の終わり、教室の野外スケッチで描きました。手前で描いている方は教室のSさんです。彼女もこの木を描いていましたが、私の木は夜になると怖そうです。枝ぶりの迫力に押されペンを走らせてしまいました。

私の絵について、永沢先生のオフィシャルブログ(http://makoart.exblog.jp「.永沢まこと・オフィシャルブログ」)にコメントがあります。自分ではまだまだ入口にいる存在意識ですが、先生のお言葉をお借りすると「うごめく群衆に立ち向い、切れば血の出るランドスケープ」を念頭にこれからもいい絵が描けるよう努めたいと思います。、これからも皆様の厳しいご指導を切望します。



表参道風景を描く

2015.12.07 12:00|折々の作品

教室のテーマで、都市画として表参道でスケッチしました。その作品の線画です。仕上がると問題ばかりの絵になりました。この際、この絵を分解、チェックしてみようと思います。

錦織圭すごいね!

2014.11.15 01:54|折々の作品
「錦織圭」(スケッチブックA4)
ブログペン画錦織圭
大活躍、多彩なプレーの動きに魅了されます。

、一年前に、動きのある人物、特にスポーツ選手の全身像を描くテーマの宿題があり、雑誌の写真を見ながら描いたのを思い出して、引っ張り出しました。エアKEYのジャンプしてショットする時の瞬間なのですが、改めて見ると顔が余り似ていないのはともかく、腕が細く迫力不足ですね。

スポーツ選手の全身描写はパワーと技量まで含めて表現せねばならず難しいですね。女子フィギュアスケートなら美しさが必須要件。KEI NISHIKORI さん には人物描写でお世話になりました。

ともあれ、世界の頂点へあと少し  KEI に幸いを!