FC2ブログ
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

7月14日のエッフェル塔

2014.05.28 23:06|散歩パリ
「le quatorze juillet のエッフェル塔」 (ワットマンSMx2)
paris,_ブログ採用夏のエッフェル塔
縦長で恐縮です。この絵は2012年7月14日の午後8時半頃花火大会の開始を待ちながらエッフェル塔の下で描いたものです。
この日の夜の le tour Eiffel は特別の雰囲気です。昼シャンジェリゼでのパレードの後、夕方早めに来て見物席を確保するのですが、座ったら移動は大変。水分を最小限にして、花火開始をじっと待ちます。向こう側に見えるのはセーヌの対岸シャイヨー宮、照明・スピーカー用の高いスタンド、そしてこの年は巨大なミラーボールが塔の中心に据えられていました。花火はこの方向のセーヌの上に打ち上げられます。
絵は下のアーチ状の部分から描き始めました。見事な造形に圧倒されながら明るいうちにと必死です。この日は晴れて、素敵な夕焼けになりました。ついてますね。こうなれば塔のてっぺんまでいれなくちゃーと欲張りました。やはりタワーは縦長がリアルです。
花火大会? それはもう、観客の異常な盛り上りと共にスタートし、スターマインのオンパレード、光と音楽がコラボされ感動の連続でした。

ブログアップが遅くなりました。教室のテーマ「都市画、新宿」を全紙サイズでチャレンジ、あれこれと手間取りました。日本の代表的な都会の新宿、色んな表情があり四苦八苦です。どんな結果になったか、またお見せします。
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

つつじ満開、東京国立博物館

2014.05.14 02:23|散歩・東京
桜の次に街に目立つ花木はつつじ(漢字にすると躑躅、そらでは書けない難字です。)あちこちの街路、公園などでピンクの帯を見せてくれます。

「東京国立博物館の五月」(2010,5 アルシュ 36x51)
ブログ採用国立博物館
 この作品は4年前に描いたものです。、教室で上野を描くテーマで野外スケッチに行ったときに、まずは東京国立博物館の建物に魅せられここに来たのですが、どっしりした本館建物が はな、若者、新緑の木立に囲まれて華やいでいる風情に絵心が騒ぎました。                                            そしてライオン君です。しっかりと来場客を見つめています。このブロンズ像は、博物館の本館左手に建っている表慶館(重文)の玄関に鎮座する二頭の一つですが、立派なこと。後で近くの上野動物園へ行って本物と見比べましたが、こちらのほうが強そうでした。ライオン君を主役にしました。

 私のつつじの思い出はこの絵になりますが、今改めて見ると線、色使い共に問題点ばかりです。ただフリーな格好の女子高生達を描いた面白さは忘れられず、大人数の人物描写のスタートになったかなと思っています。(絵をクリックすると右側に人が増えます)


 今日、同じ上野の東京都美術館での新洋画会展(20日まで)で教室の先輩の ゆあさようこ さんが新人賞を受賞された作品を見てきました。10号以上の大作に囲まれても負けずに凛と光っていました。流石です。頼もしく感じました。

テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術