FC2ブログ
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

新宿御苑桜スケッチ、一葉の花の周りで

2015.05.25 22:51|未分類
ブログ2015作品新宿御苑の一葉の下で
「一葉の花のまわりで」(アルシュ36x51)

ようやく桜スケッチ彩色が仕上がりました。線画から後、張り切って八重桜にとりくみました。塗りはじめると、どの花も表情豊か、一輪一輪に何やら語りかけられ、なかなか進みません。赤い蕾も存在を主張します。その上、幹も苔の鎧を着けて待ってます。

花が仕上がったら、今度は描き手、本人が風邪でGWにダウン、こじらし長引きました。花の下の子供達も待ちくたびれていました。5月、夏のような日差しが照りつける日々でしたが、春・桜の開花・感動を忘れまいとそれなりにあせる日々。

地面一面に敷きつめられた染井吉野の花びら。その上ではしゃぐ子供達の声が消えないように白いてんてんをバラマキました。風景描写に人物を加えるという教室の都市画テーマを今回はどうこなすかなと思案していたとき、ありがたいことに子供達がいろいろ演技を見せてくれました。

毎年描く桜、内外の観桜客が年々増加する新宿御苑の桜は年々難しくなりそうな気がします。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術
ジャンル:学問・文化・芸術