FC2ブログ
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

パリ、ジョルジュ・ブラッサンス公園の昼下がり

2016.02.14 19:13|散歩パリ
「ジョルジュ・ブラッサンス公園パリ」(TIGER) 2015年7月
ブログパリ、ジョルジュブラッサンス公園 (2)<
昨年夏、パリ15区を散歩していた折に立ち寄った公園です。この公園は87千平米、1983年、屠殺場の跡地であり、20世紀に造られたパリ市内最大の緑地だそうです。この塔のある建物は屠殺場の競り売り場にあった鐘楼で昔のなごりです。

現在この公園は遊園地、展望台などがあり市民の憩いの場になっていて、馬市場のあったホールは週末は古書市で人気があるそうです。この公園の名前のジョルジュ・ブラッサンス(1921~1981年)はフランスの国民的大歌手、シャンソンの神様的に評価されている人の名前で、彼はこの公園のすぐ近くに住んでいたそうです。YouTubeで彼の歌声を聴きましたが、口髭をはやし、ギターを抱えて歌っていました。詞が素晴らしいのだそうですが、言葉の壁ありです。

観光客は殆ど見かけず、日光浴の市民が多いのですが、この絵の鐘楼のそばの藤の木の木陰でおじさんがギターを弾いてました。現代のジョルジュかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

パリ、ブーローニュの森のレストランへ

2016.02.11 23:51|未分類
ブログ作品ブーローニュの森①
「渡し舟でレストランへ、パリ ブーローニュの森」(TIGER)

昨年10月にアップした線画をやっと彩色しました。色をつけたので森の中のレストランの雰囲気が出たでしょうか。 この森の中の湖「アンフェリウール湖」に浮かぶ島にあるレストラン「ル・シャレ・デ・ジル」 へは橋はなく、ご覧の渡船で人も荷物も往復します。

色を塗りながらスケッチしていた時の空気を思い出しました。夏、7月でした。午前中暑くならないうちに緑に浸っていました。湖を渡る風は心地よく、ペンが走りました。冬に夏の色塗り、なんとも思いが募りますねえ。まだ他にも色待ち!があります。