FC2ブログ
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

両国、表参道、東京スケッチいろいろ

2016.11.30 14:42|散歩・東京
「場所中の両国国技館前」「秋の表参道の昼下がり(線描)」
b161129_1221_001.jpg

秋場所開催中の国技館前は華やかになります。関取の名前がならぶ幟、色は何でもあり。色とりどりでこれでもかと目立つ配色でそびえ立っています。コピーがやや暗くなりました。

表参道、並木の紅葉を描くつもりのスケッチです。場所は青山通りに近い坂の上の方、アルマーニとネスプレッソのお店が並びます。
どんな色つけができるかなあ。

スポンサーサイト

秋の御嶽渓谷を満喫

2016.11.27 23:27|散歩・東京
ブログ20161125

「御嶽渓谷」(57x77)2016,11

ロッククライミングの若者たちが秋色の渓谷に包まれ、聞こえるのは絶えることなく続く沢の音のみ。

と、思いつつ彩色しました。この場面を支配する岩には、紅葉の衣を着け、緑の川で太帯を締めてもらいました。
                                                                                が、この作品を提出した教室では皆様から様々な貴重なコメント。まず画面のカット、右半分の岩中心でいいのでは。枯れ葉で季節感あるし。と。(確かに。)次は空、なんで濃い青、雲は秋らしくない、要らない、遠くに海があるように見えるが。(ん?)更に、川、波の表現がいまいち。(音の響き無理?)

でも、岩のぼりの若者は存在感あるとのありがたい評価。実際より青緑の水の色もお咎めなし。(よかったー。)

というわけで、二か月に渡る制作でしたが、線描画の段階から教室でのご指導あっての作品。大判の全紙にサインを入れるとき、妙な快感。二度目の御嶽渓谷スケッチですが、また、いつかね。





テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術

御嶽渓谷の秋

2016.11.20 00:35|散歩 日本あちこち
「線画 御嶽渓谷」(ARCHES 全紙)161119_.御嶽ブログjpg

久し振りに奥多摩、御嶽渓谷を訪ねました。ここのスケッチはいつも一日では終わりません。この日は10月快晴、紅葉はわずか。カヌー、ロッククライミングに若者たちが渓谷の自然にチャレンジしていました。川辺に座って、御嶽大橋を上流から眺めた景色を線描スケッチしました。岩と水の描写がテーマですが、いつものことながら流れる水を見ていると、線が踊ります。水も岩と闘っています。

11月に再び線描の仕上げに行きました。予想通り紅葉が進んで、背景の木々はその存在を主張し始めています。ところが、10月以降雨が少なかったせいか、水量が減り、川幅が狭くなり、川辺の小石がかなり露出してしまいました。流れはやや穏やかになりましたが、カヌーの若者は健在でした。

テーマ:絵画・美術
ジャンル:学問・文化・芸術