FC2ブログ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 RYO YOSHIDA

Author: RYO YOSHIDA
                            
 東京生まれ。勤めを終えたら好きな絵を描きたいと思っていたとき、「線スケッチ・永沢まことの自分発見スケッチ術」に出会いました。

 2007年から、佐藤麻衣子さんの教室に入門し、2010年からは永沢まことさんの教室で修行中です。

 時間の自由を得た今、ペンを持って自分発見の”散歩”に出掛けています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

豪徳寺の招き猫

2019.01.01 21:47|散歩・東京
「豪徳寺の招き猫」 2018.12 アルシュ 41x31
1812豪徳寺1 (4)bl

明けましておめでとうございます。今年もア・ラ・プロムナードをどうぞよろしくお願いいたします。スマホでアラプロムナードと検索すると見ることができるようです。

昨年暮れに招き猫で有名な世田谷の豪徳寺を訪ねました。                                                       このお寺は彦根井伊藩の菩提寺となっている名刹です。招き猫の由来はお寺の説明書を要約すると、「時の城主井伊直孝が鷹狩りの帰り、雨の中、門前を通りかかったところ、猫が手を挙げて頻りに招いていた。この猫はこの寺の和尚が可愛がっていたもので、出てきた和尚にこの猫の縁で、ここでの雨宿りと休息を頼んだ。井伊直孝はその際の寺のもてなし、和尚の説法に喜び、それが仏の因果と、その後井伊家の菩提所となったということです。かっての貧寺が一大伽藍になるのも猫のお陰、と和尚は後に猫の墓を建て、手を挙げた猫の姿形を作り招福猫児として称えた。」ということです。

三重塔の花蘭に招き猫の浮彫があり、奥のお堂には招き猫が沢山祭られています。外国人の参詣が目立ちました。12月ですが紅葉が楽しめました。






スポンサーサイト